大学概要

本学における自己点検・評価活動

1.名城大学における自己点検・評価活動への取り組み

(1)これまでの取り組み

本学における自己点検・評価活動は、平成3(1991)年2月8日付の大学審議会答申「大学教育の改善について」の中で示された「大学の自己評価について」を契機にスタートしました。 そして、教育研究水準の向上に努めることを旨に具体的な活動に着手し、平成15(2003)年度まで、第1期から第6期の自己点検・評価委員会を組織して、継続的・系統的な点検・評価活動を実践し、その成果を刊行物として取り纏め、広く社会へ情報発信を行ってきました。
継続的な自己点検・評価活動の中で、“第三者による評価”として、平成12(2000)年度に財団法人大学基準協会の加盟判定審査を受け、維持会員として加盟・登録が承認されました。この結果により、本学における教育研究の質の向上を図る基盤が整備されると同時に、PDCAサイクルによる検証・改善行動の重要性が全学的に浸透し、さまざまな改革・改善行動がスムーズに進むようになりました。

  刊行物・刊行時期 活動内容など
名城大学自己点検・評価報告書(第一輯) 名城大学自己点検・評価報告書(第1期)
-名城大学の現状と課題-(平成5年12月)
『現状を明らかにし、かつ、各部局等ないし本大学が抱える課題を明示する』との基本方針の下、現状把握のために、委員会が掲げた点検・評価項目について、各学部において各種調査を実施した。
名城大学自己点検・評価報告書(第二輯) 名城大学自己点検・評価報告書(第2期)
-教員のプロフィール-(平成7年11月)
-よりよい授業を目指して-(平成8年3月)
本学が置かれている状況と既設学部等の整備拡充計画及び将来の名城大学の展望と課題などを総合的に考慮した結果、「教育と研究」を主題に実施した。
名城大学自己点検・評価報告書(第三輯) 名城大学自己点検・評価報告書(第3期)
総合大学としての名城大学 
-1996~1997-(平成10年5月)
第1次自己点検・評価委員会が提示した本学の現状と課題の中から、改善の進捗状況を点検し、再度、評価してみる必要から、総合大学としての特性を如何に発揮すべきかを明らかにした。
名城大学自己点検・評価報告書(第四輯) 名城大学自己点検・評価報告書(第4期)
大学改革の成果と今後の課題(平成12年6月)
第1次から第3次までの報告書の中で議題として挙げられた問題点等の改善状況を更に点検し、再度評価し、各部署等委員会で点検作業を実施した。
名城大学自己点検・評価報告書(第五輯) 名城大学自己点検・評価報告書(第5期)
教員のプロフィール2001(平成13年9月) 
研究教育活動の概要と課題 
-研究と教育の融合-(平成14年5月)
教育研究活動を中心に点検評価を行い、大学(学部学科・研究科)の研究活動と運営に係る現状と課題について将来の改善・改革に向けた方策を中心とした内容で実施した。
名城大学自己点検・評価報告書(第六輯) 名城大学自己点検・評価報告書(第6期)
教員のプロフィール2003(平成16年3月・5月)
自己点検・評価の原点を見据えて 
―検証・照顧脚下―(平成16年6月)
自己点検・評価委員が実際に各学部に赴き、そこで委員会を開催することによる実地踏査を実施した。

(2)公開と評価の時代に対応した新たな取り組み

1)新たな点検・評価システムの構築

本学では、“社会から評価される大学づくり”を目指して、これまで継続的に実施してきた“自己点検・評価システム”が、①単なる点検活動に留まっていないか、②点検・評価の結果が、教育研究の質の向上に繋がっているか、③外部への情報発信は適切に行われているかなど、自己点検・評価システム全般について検証を行ってきました。
そして、平成15(2003)年10月から約1年半の時間をかけて、大学自らの状況を知り、それに基づく戦略的な行動を展開していくために必要な“新たな点検・評価の仕組みづくり”の必要性を全学的に確認し、「教育研究の質の保証」を旨とした新たな自己点検・評価システムを構築しました。

2)基本戦略の策定

教育機関を取り巻く環境は、個性化・特色化という言葉に象徴されるように、日々変化し続けています。そこで、本学では、設置学校の充実を図るための指針として、“立学の精神”を起点とした「ビジョン・ミッションに基づく中長期計画等の策定」を進め、平成16(2004)年には、平成27(2015)年を目途に実現すべき将来像とその具体的行動目標を「学校法人名城大学の基本戦略(Meijo-Strategy 2015=通称:MS-15)」として取り纏め、全学的に個性あるさまざまな取り組みを推進してきました。
そして、平成27(2015)年度からは、MS-15を発展的に継承するかたちで、開学100周年にあたる平成38(2026)年を次の目標年と定めた新たな戦略プランである「Meijo Strategy-2026」(通称:MS-26)に基づく施策が始動しています。
これらの取り組み姿勢には、平成4(1992)年度から継続してきた「点検・評価活動」の実績が生かされており、①過去から現在の流れを捉える「点検・評価活動」、②その結果を踏まえたビジョン・戦略に基づく具体的な行動を「MS-15」「MS-26」という連続性をもって、大学の動きをわかり易く発信するシステムとしてその機能を有効に発揮させる努力をしています。

(3)現在の点検・評価活動

本学では、「MS-26」への取り組み、及び大学基準協会の主要点検・評価項目を踏まえながら、全学および各部署の現状把握、課題の明確化を図っています。
具体的には、「教育研究諸活動の改善を促進するため、継続的及び系統的に行い、名城大学の目的及び社会的使命の達成に資すること」を目的とし、学長を委員長とした「大学評価委員会」を設置し、その下に、大学評価の経験者等を構成員とした「大学評価プロジェクトチーム」を設置して組織的な活動を展開しています。

自己点検・評価報告書作成における組織的取組みの概念図

図:自己点検・評価報告書作成における組織的取組みの概念図

これらの活動結果について、大学基準協会から「大学評価」を受けています。詳細につきましては、こちらをご覧ください。

  • 学校法人名城大学開学90周年特設サイト
  • 受験生のための入試情報サイト meijo navi
  • WEB願書
天白キャンパス

天白キャンパス

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
一丁目501番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

八事キャンパス

八事キャンパス

〒468-8503
名古屋市天白区八事山
150番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

ナゴヤドーム前キャンパス

ナゴヤドーム前キャンパス

〒461-8534
名古屋市東区矢田南
四丁目102番9
TEL:052-832-1151(代)

公式サイト

科学技術創生館

科学技術創生館

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
二丁目1522番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

〒486-0804
春日井市鷹来町字菱ケ池
4311番2
TEL:0568-81-2169

交通アクセス

日進総合グラウンド

日進総合グラウンド

〒470-0102
日進市藤島町長塚75番地
TEL:0561-73-0810

交通アクセス

附属高等学校

附属高等学校

〒453-0031
名古屋市中村区新富町
一丁目3番16
TEL:052-481-7436(代)

公式サイト

| 統合ポータルサイト |  プライバシーポリシー |  サイトポリシー |  サイトマップ |

Copyright © 2013. Meijo University, All Rights Reserved.