学部・大学院

科目 Pick Up

社会システム学特別研究

この科目は修士課程2年間を通じて開講される必修科目であり、都市情報学研究科における教育・研究の中核になる部分です。このプログラムは社会システム学専修分野の教員によるマンツーマン体制で実施され、担当教員の専門分野を反映した内容でそれぞれに異なるスタイル(文献調査、現地調査、コンピュータシミュレーションなど)で進められます。最終的には各学生の修士論文が社会システム学特別研究の成果として取りまとめられます。

都市創造学特別研究

この科目は修士課程2年間を通じて開講される必修科目であり、都市情報学研究科における教育・研究の中核になる部分です。このプログラムは都市創造学専修分野の教員によるマンツーマン体制で実施され、担当教員の専門分野を反映した内容でそれぞれに異なるスタイル(文献調査、現地調査、コンピュータシミュレーションなど)で進められます。最終的には各学生の修士論文が都市創造学特別研究の成果として取りまとめられます。

サービスサイエンス特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(サービスサイエンス科目群の代表例)

この科目は修士課程1年次から受講できる選択科目であり、都市情報学研究科におけるサービスサイエンス科目群の中核になる部分です。この学問は、サービスをサイエンスの対象として捉え、科学的手法を用いてサービスの諸問題を解決し、サービスの生産性を高め、サービスのイノベーションを実現し、そして経済を活性化しようとする新しい学問です。このプログラムでは、サービスサイエンスの科学的アプローチに関する講義から、さまざまな実例の紹介まで、新しい学問の理解に努めます。

総合地域政策学特論(政策科目群の代表例)

この科目は修士課程1年次から受講できる選択科目であり、都市情報学研究科における政策科目群の中核になる部分です。前半は地域政策の主要なテーマである住環境を新たな視点から体系化し、その構成項目をできる限り定量化して表示するための住環境指標を紹介します。後半は地方分権時代の自主的かつ自立的な地域づくりやまちづくりにおける情報通信技術の活用のあり方について考究します。

都市行政学特論(行財政科目群の代表例)

この科目は修士課程1年次から受講できる選択科目であり、都市情報学研究科における行財政科目群の中核になる部分です。日本および世界における都市化形成過程、21世紀の都市社会の問題点、およびこれらに対する行政の対応などについて、これまで行政学が蓄積してきた地方自治論、行政組織論、公務員制度論、予算制度論、意思決定行動理論、行政責任論などの理論枠組みから接近を行い、市民的コントロールの下で都市が抱える問題に行政がいかに対応すべきかなどについて研究します。

認知情報学特論(人間と情報科目群の代表例)

この科目は修士課程1年次から受講できる選択科目であり、都市情報学研究科におけるサービスサイエンス科目群の中核になる部分です。人間が生活する環境にはさまざまなものがあります。建物や道路など人間自身が造った環境や、人間社会における規範や慣習などの環境、人社会(との間で起こるサービスの流れ)そのものも環境要素です。これらの環境要素と人間とのインタラクションを考え、情報認知の学問的基礎となる認知科学について、近年の知見と考え方を紹介します。

都市交通基盤学特論(基盤科目群の代表例)

この科目は修士課程1年次から受講できる選択科目であり、都市情報学研究科における基盤科目群の中核になる部分です。都市・地域の交通問題を解決するためのシステム論的アプローチを伝統的手法と最新の研究成果を交えて講述します。一例としてTDM(交通需要管理)やITS(高度道路交通システム)、MM(モビリティ・マネジメント)およびリスク・マネジメントの手法を講述します。サービス・サイエンスでは、関与した可児市さつきバス(コミュニティバス)のサービス改善策と収支改善策を、講義とディスカッションで知識を深めます。

都市災害環境学特論(環境科目群の代表例)

この科目は修士課程1年次から受講できる選択科目であり、都市情報学研究科における環境科目群の中核になる部分です。都市水環境および都市防災プランナーとしての必要な基礎知識を習得せしめることを目的に、都市水環境の構成要素、計測方法および都市防災政策について事例を挙げて解説します。また、これらの知識をもとに、都市生活者のための都市水環境および都市防災のあり方と創出方法について、計画論的アプローチにより論じます。

総合地域計画学特論(地域科目群の代表例)

この科目は修士課程1年次から受講できる選択科目であり、都市情報学研究科における地域科目群の中核になる部分です。地域計画において、景観を含めた総合的環境と人間活動との調和的な関係が、重要な課題となっています。この講義では、そうしたエコロジカルな地域づくりに関する基礎的諸概念および手法を学びます。特に、市民参加の重要性について実践的な理解を得るため、近隣地域で展開している総合的環境形成の取り組み事例を取り上げて、そこでのフィールドワークを適宜行います。

天白キャンパス

天白キャンパス

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
一丁目501番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

八事キャンパス

八事キャンパス

〒468-8503
名古屋市天白区八事山
150番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

ナゴヤドーム前キャンパス

ナゴヤドーム前キャンパス

〒461-8534
名古屋市東区矢田南
四丁目102番9
TEL:052-832-1151(代)

公式サイト

科学技術創生館

科学技術創生館

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
二丁目1522番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

〒486-0804
春日井市鷹来町字菱ケ池
4311番2
TEL:0568-81-2169

交通アクセス

日進総合グラウンド

日進総合グラウンド

〒470-0102
日進市藤島町長塚75番地
TEL:0561-73-0810

交通アクセス

附属高等学校

附属高等学校

〒453-0031
名古屋市中村区新富町
一丁目3番16
TEL:052-481-7436(代)

公式サイト

| 統合ポータルサイト |  プライバシーポリシー |  サイトポリシー |  サイトマップ |

Copyright © 2013. Meijo University, All Rights Reserved.