学部・大学院

学部長メッセージ

  • 吉久 光一
  • 学部長
    加鳥 裕明

幅広い教養と高度な専門知識を有し、主体的に学び豊かな人間性を備えた人材を育成する

 名城大学理工学部は、大正15年(1926年)に田中壽一氏により開設された名古屋高等理工科講習所を前身とする、中部圏きっての長い90年に及ぶ歴史と伝統を持つ学部です。昭和25年(1950年)に新制名城大学理工学部となり、時代の変化に対応しながら今日の理工学部へと展開してきました。この間、日本は高度経済成長を遂げ、科学技術立国として高い評価を得てきました。このような時代の中、優れた能力を身に付けて社会に巣立っていった卒業生は6万4千名にも達しています。
 平成26(2014)年ノーベル物理学賞を本学の赤﨑勇先生が受賞されましたが、この受賞は、日本および名城大学の研究レベルの高さを国内外に示すこととなり、また名城大学理工学部の研究レベルの高さが再認識される事となりました。現在も、窒化物半導体による究極デバイス・新領域エレクトロニクス実現のための研究や、21世紀の新素材の鍵とされるカーボンナノチューブに関する研究などの更なる進展と高度化に向けた研究がなされております。また、企業との共同研究推進拠点として「LED共同研究センター」も設置しており,様々な研究活動を活発に行っております。理工学部は平成25年(2013年)に再編され、理工学の多様な分野にまたがる学びを網羅し、受験生の皆さんの興味や関心に応える選択肢を広げ、学びたい分野に直結した学科で学ぶことができるようになり,11学科に約5千名を超える学生を擁する中部圏最大の学部に発展しています。
 理工学部はこれまでの長い伝統を通して、ものづくり産業が集まる地元産業界で活躍する人材育成を通して社会貢献してきました。今後もこれからの時代を見据え、社会の要請やニーズを考慮して、幅広い教養と各分野の専門知識・技能に加え、主体的に学ぶ力と豊かな人間性を身につける教育に力点を置いた理工学教育を行っていきます。名城大学理工学部の教育プログラムによって、先に述べた能力を身につけ社会に貢献できる人材として成長する事を期待します。

天白キャンパス

天白キャンパス

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
一丁目501番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

八事キャンパス

八事キャンパス

〒468-8503
名古屋市天白区八事山
150番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

ナゴヤドーム前キャンパス

ナゴヤドーム前キャンパス

〒461-8534
名古屋市東区矢田南
四丁目102番9
TEL:052-832-1151(代)

公式サイト

科学技術創生館

科学技術創生館

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
二丁目1522番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

〒486-0804
春日井市鷹来町字菱ケ池
4311番2
TEL:0568-81-2169

交通アクセス

日進総合グラウンド

日進総合グラウンド

〒470-0102
日進市藤島町長塚75番地
TEL:0561-73-0810

交通アクセス

附属高等学校

附属高等学校

〒453-0031
名古屋市中村区新富町
一丁目3番16
TEL:052-481-7436(代)

公式サイト

| 統合ポータルサイト |  プライバシーポリシー |  サイトポリシー |  サイトマップ |

Copyright © 2013. Meijo University, All Rights Reserved.