名城大学

前のページへ戻る
科目名 専門ゼミナール1
開講学科 経済学部 経済学科
担当教員 新井 大輔
年度 2017
シラバスコード 1232401
単位数 4.0
準備学習・事後学習 事前にゼミで扱う文献を精読し、疑問点、論点を考えてきてもらいます。
授業の目的と概要 現代資本主義に関わる様々なテーマについて、参加者の問題意識に基づいた研究を行います。参加者の希望に応じてフィールドワーク、合宿などを行います。
到達目標 1.研究対象に関わる事象についての基本的な理解を深めるとともに、検討すべき問題を発見する。
2.その問題に関する従来の研究について整理し、解決するための方法を発見する。
3.問題を解決するためのデータを収集、分析し一定の結論を得る。以上のような研究の基本的なスキルを身につける。
授業計画

1. ガイダンス

ゼミの概要と目的、到達目標の説明。参加者からの要望をもとに計画を作成する。

2. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

3. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

4. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

5. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

6. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

7. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

8. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

9. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

10. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

11. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

12. 研究会

報告担当者はテキストの担当箇所をレジュメに要約し、問題提起を行う。それに基づいて全員で討論する。

13. 夏休み・後期計画作成

夏休みから後期にかけて取り組む課題について全員で議論する。

14. 夏休み・後期計画作成

夏休みから後期にかけて取り組む課題について全員で議論する。

15. 夏休み・後期計画作成

夏休みから後期にかけて取り組む課題について全員で議論する。

16. 後期計画の確認

後期計画の確認

17. 研究会

各班の研究報告

18. 研究会

各班の研究報告

19. 研究会

各班の研究報告

20. 研究会

各班の研究報告

21. 研究会

各班の研究報告

22. 研究会

各班の研究報告

23. 研究会

各班の研究報告

24. 研究会

各班の研究報告

25. 研究会

各班の研究報告

26. 研究会

各班の研究報告

27. 研究会

各班の研究報告

28. 一年の総括

一年間の活動の到達点と次年度の課題について全員で議論する。

29. 一年の総括

一年間の活動の到達点と次年度の課題について全員で議論する。

30. 一年の総括

一年間の活動の到達点と次年度の課題について全員で議論する。
授業形態・方法 演習
成績評価方法及び評価基準 ゼミへの貢献度で評価します。
受講生へメッセージ ゼミは学生が主役です。学生自身が主体的にゼミ運営を行い、積極的に議論に参加しましょう。書籍代や読書時間を惜しまないことが大事です。
テキスト

1. 未定。

参考文献

1. 必要に応じて紹介します。

更新日付 2017-08-22 10:06:01