名城大学

前のページへ戻る
科目名 専門ゼミナール1
開講学科 経済学部 産業社会学科
担当教員 岸川 富士夫
年度 2017
シラバスコード 1232410
単位数 4.0
準備学習・事後学習 社会保障、雇用対策、貧困などについて、最近の動向を調べておくこと。
履修上の留意 社会思想史、経済思想史、社会学を履修することが望ましい。
授業の目的と概要 現代社会は、福祉国家型資本主義、男性中心社会、高度消費社会などさまざまに表現されてきたが、今日、それを支えてきた「大量生産ー大量雇用ー大量消費」のしくみが限界にぶつかり、福祉国家の動揺、格差社会化という問題が生じている。このような大きな転換の中にある現代社会について、そこでの自分の生きる意味を問いつつ、アプローチする。
サブタイトル 現代社会を社会学と思想史の視点から解読する。
到達目標 このゼミナールでは、多くの文章を書く訓練をする。それをとおして、論理的に思考し、表現する力を育むことをめざす。
授業計画

1. ガイダンス

1年間のゼミナール活動の内容と運営についての確認をおこなう。合わせて、自己紹介。

2. 問題状況を一瞥する

新聞記事などを題材にして、ジェンダーをめぐる問題をはじめ、現代社会の現状を一瞥する。

3. 問題状況を一瞥する

新聞記事などを題材にして、ジェンダーをめぐる問題をはじめ、現代社会の現状を一瞥する。

4. テキスト輪読

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

5. テキスト輪読

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

6. テキスト輪読          

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

7. テキスト輪読

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

8. テキスト輪読

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

9. テキスト輪読

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

10. テキスト輪読

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

11. テキスト輪読

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

12. テキスト輪読        

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

13. テキスト輪読  

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

14. テキスト輪読

数冊のテキストを輪読し、その要旨をまとめるとともに、自分の考えを発表する。さらに自分の問題関心を確認する。読むことと書くことの訓練をおこなう。

15. ゼミレポートのテーマを決める

問題関心にもとづいて各自のゼミレポートのテーマを決定する。

16. ゼミレポート作成作業

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

17. ゼミレポート作成作業

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

18. ゼミレポート作成作業

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

19. ゼミレポート作成作業          

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

20. ゼミレポート作成作業 

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

21. ゼミレポート作成作業        

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

22. ゼミレポート作成作業    

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

23. ゼミレポート作成作業

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

24. ゼミレポート作成作業

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

25. ゼミレポート作成作業

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

26. ゼミレポート作成作業 

ゼミレポートの要旨についての報告、それに関する討論、さらなる報告という作業をとおして、レポート作成に取り組む。

27. ゼミレポートの完成と発表会

各自が作り上げたゼミレポートについて、その発表会をおこなう。

28. ゼミレポートの完成と発表会

各自が作り上げたゼミレポートについて、その発表会をおこなう。

29. ゼミレポートの完成と発表会

各自が作り上げたゼミレポートについて、その発表会をおこなう。

30. ゼミレポートの完成と発表会 

各自が作り上げたゼミレポートについて、その発表会をおこなう。
授業形態・方法 演習
成績評価方法及び評価基準 発表、討論などの平常点とゼミレポートによって総合評価する。その割合は平常点50%・ゼミレポート50%とする。
受講生へメッセージ このゼミナールは基本的にはゼミナール3へと展開していくゼミ活動の出発点です。そして、3年間のゼミ活動は、大学時代をとおして皆さんがもっとも真剣に取り組むことになる学問的営みです。皆さんの人間的成長の場に立ち会えることをうれしく思っています。
テキスト

1. 相談の上決定する。

参考文献

1. 適宜指摘する。

更新日付 2017-08-22 10:06:02