最新情報

2016/10/21

一覧へ

「【M-CAP】ANAエアラインプログラム」が始まっています。

M-CAP ~名城キャビンアテンダントプログラム~
エアライン就職サポート

名城大学では全学部を対象にエアライン業界への就職を目指す皆さんをサポートするM-CAPがスタートしました。
主に1・2年生を対象とした<ANAエアラインプログラム>では、元キャビンアテンダントの講師から自分磨きの基礎となるホスピタリティについての講義が展開されています。
エアライン業界だけでなく、ホテル業界や観光業界など、ホスピタリティに興味のある学生が受講しており、表情は真剣そのものです。

第2回講義「ホスピタリティとは」を受けた学生の感想をご紹介します。

人間学部 3年 M・Aさん
裏表のない心でホスピタリティ、サービスをできるように心がけようと思いました。たくさんありがとうと言っていただけるように頑張りたいです。
外国語学部 1年 A・Yさん
客室乗務員には、サービスとホスピタリティの両方を満たしているおもてなしが求められるのだということを学びました。お客様だけでなく、友達などに対しても思いやりを持って接することができるようになりたいです。
外国語学部 1年 H・Hさん
よりホスピタリティの大切さがわかりました。普段の生活の中で小さなことにも気づけるように意識してみたいと思いました。

この記事をシェアする