研究・産学官連携

平成25(2013)年度ひらめき☆ときめきサイエンス
~ようこそ大学の研究室へ~ KAKENHI (研究成果の社会還元・普及事業)

開催概要

テーマ:みてみよう薬のききめ!探してみよう新しい効果! ~体験しよう 行動薬理学の世界~
日時:7月27日(土) 天白キャンパス (名古屋市)
講師:間宮 隆吉(まみや たかよし)薬学部・助教 薬品作用学研究室
協力:平松 正行 教授、武田 直仁 准教授

【当日のスケジュール】
9:00~9:30受付
9:30~9:45開講式
10:00~10:50講義
(1)科研費とは
(2)大学薬学部における研究とは
(3)医薬品の開発 ~身近なくすりの薬理学的研究~および研究で考えなければならないこと
11:00~12:00皮下投与練習
12:00~13:00昼食
13:00~14:20実験1 抗高血圧薬 の薬効評価 
14:20~14:50休憩
14:50~16:10実験2 鎮痛薬の薬 効評価
16:10~16:30まとめ、閉講式
16:30~16:40解散
施設見学(希望者)
(分析センター)
16:40終了・解散

報告

<受付>
さあ、いよいよはじまります。受付予定時間に続々と集まりました。40人で募集したところ、予想以上の応募があったため、定員を48人に増やし、締切も早めました。参加できなかった方、申し訳ありません。
<開講式>
岡本浩一薬学部長から、参加者の皆さんにごあいさつを、引き続き、武田直仁准教授よりスケジュールの確認および全体的な注意事項について説明しました。このあと白衣に着替えて実験室に移動しました。
<講義1>
講義に先立ち、横山広美日本学術振興会事業推進委員会委員からごあいさつをいただきました。また、科学研究費助成(科研費)について、税金が元手になっていること、年間2000億円規模の研究費を使ってさまざまな研究が行われていること等が報告されました。さらに、本「ひらめき☆ときめきサイエンス事業」は研究成果を国民に広く公表する場であることなども紹介されました。
<講義2>
また、平松正行教授が、科研費や文科省からの支援を得て我々が実施してきた数々の研究やその成果について解説しました。特に、主たる研究方法である行動薬理学的手法は、薬を開発・評価するうえでなくてはならない手法であることや、実際に行動薬理学的手法によって多くの薬が世に出てきたことなど、さらに進行中の研究内容も分かりやすく紹介しました。
<講義3>
間宮隆吉助教が本事業の詳細について説明しました。新しい薬が開発されるのにどのくらいの期間や費用がかかっているんでしょう?また、新薬の開発にはどういう段階を経なければならないのでしょうか?さらに、動物愛護管理法を遵守し、動物へのストレス負荷をできるだけ少なくするよう努力していることも力説しました。
<皮下投与練習>
さあ、いよいよ実際にマウスに注射してみましょう!新規化合物を適切に評価するためには、マウスにストレスなく投与する必要があるのです!卒業研究等でマウスの扱いに慣れている大学生のお姉さん(ティーチングアシスタント)たちの手ほどきを受けながら優しく打ってみましょう。生理食塩液なので何の効果もないはずですよ。
<昼食>
手洗い消毒後、白衣を脱いで、ダイニングハーブに移動し、グループごとに昼食をとりました。ティーチングアシスタントの皆さんとも一緒です。実験や研究のことだけでなく、薬学部での大学生活についても詳しく聞いていましたね。
<抗高血圧薬の薬効評価>
世界中で使われている抗高血圧薬のフロセミドをマウスに投与して、薬の 効果を実感してみましょう。血圧を下げるために血管を弛緩させる薬だけでなく、尿量を調節する薬も使われています。試薬の用量(濃度)が大きいほど排尿回数や尿量が多くなりました。逆に試薬が入っていても、少なすぎると、効果がないこともあるということも知りました。また、マウスの血圧測定も行いました。
<休憩・実験手法の紹介>
学習・記憶機能を確かめる水迷路試験では、マウスがゴールにたどり着くまでの時間を測定します。アルツハイマー病の薬やワクチンもこの方法を使って評価しました(写真上)(注:マウス1匹あたり60秒を限度にプールから取り出しています)。また、最近障害を回復させる方法として注目されているEnriched environment(遊具の豊富な環境)を紹介し、回転かごを楽しむマウスの動きにみんな癒されていました(写真下)。
<実験2 鎮痛薬の薬効評価>
鎮痛薬の開発方法で、最も古典的な方法の一つである酢酸ライジング法を用いて、アセトアミノフェンとイブプロフェンの効果を確かめました。よじれの回数を数えています。それぞれの効果を期待しましたが、今回はイブプロフェンしかはっきりした鎮痛効果は観察できませんでした。残念。実験っていつもうまくいくわけではないんです。
<閉講式>
岡本浩一薬学部長から、参加者の皆さん全員に修了証をお渡 ししました。新聞やインターネット等で毎日のように国内外の研究成果が発表されています。これからも研究に興味を持ってもらえると嬉しいですね。また2014年度も開催予定です。今回参加できなかった方、ぜひ日本学術振興会や名城大学のウェブサイトをチェックして応募してください。
  • 学校法人名城大学開学90周年特設サイト
  • 受験生のための入試情報サイト meijo navi
  • 留学ブログ
天白キャンパス

天白キャンパス

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
一丁目501番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

八事キャンパス

八事キャンパス

〒468-8503
名古屋市天白区八事山
150番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

ナゴヤドーム前キャンパス

ナゴヤドーム前キャンパス

〒461-8534
名古屋市東区矢田南
四丁目102番9
TEL:052-832-1151(代)

公式サイト

科学技術創生館

科学技術創生館

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
二丁目1522番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

〒486-0804
春日井市鷹来町字菱ケ池
4311番2
TEL:0568-81-2169

交通アクセス

日進総合グラウンド

日進総合グラウンド

〒470-0102
日進市藤島町長塚75番地
TEL:0561-73-0810

交通アクセス

附属高等学校

附属高等学校

〒453-0031
名古屋市中村区新富町
一丁目3番16
TEL:052-481-7436(代)

公式サイト

| 統合ポータルサイト |  プライバシーポリシー |  サイトポリシー |  サイトマップ |

Copyright © 2013. Meijo University, All Rights Reserved.