NEWS

  1. トップ
  2. > ニュース一覧
  3. > 理工学研究科の山﨑さんが文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム平成29年度学生研修プログラムに採択

理工学研究科の山﨑さんが文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム平成29年度学生研修プログラムに採択

2017.08.25

受賞者 山﨑 敦貴さん(理工学研究科機械工学専攻修士課程1年、來海博央教授研究室)
受賞名 文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム平成29年度学生研修プログラム
受賞日
開催地
2017年8月1~4日 
東北大学(宮城県)
受賞
テーマ
No.2「FIBによる電顕観察試料作製とTEMによる観察・分析」
文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム学生研修プログラムは、大学院生等を対象にナノテクノロジープラットフォームの先端的な施設や設備を利用して研修を行うプログラムで、最先端設備の原理等を勉強できる上、日本の第一線の研究者、技術者の技術指導を直接受講できる他では経験できない研修です。
山﨑さんは115人の応募の中から採択され、8月1~4日の4日間に東北大学で行われたNo.2「FIBによる電顕観察試料作製とTEMによる観察・分析」のプログラムに参加しました。この研修で、透過型電子顕微鏡による観察を行うための集束イオンビーム(FIB)加工機による試験片作製から、微視組織観察ならびに分析を行うための技術を中心に習得し、現在修士論文で行っている微粒子衝突(FPB)処理を純チタンならびにチタン合金へ適用した際に形成されるナノ結晶組織、さらには転位と元素分布の観察に応用する予定です。

一覧
PAGETOP