学部・大学院教育支援員

氏名
岩田 壮一
専門分野 一般民事、刑事弁護
受験生へのメッセージ: 試験当日、自分が問題を解いている姿を想像してください。皆が不安や緊張と戦っています。そんな不安や緊張の中、自分を支えてくれるのは、やはりそれまで自分がしてきた勉強の積み重ねです。但し、どれだけ勉強しても、その勉強の仕方が間違っていては意味がありません。私は、皆さんが、限られた時間の中で、正しく勉強できるようサポートできればと思っています。
後藤 淳
専門分野 一般民事、企業法務
受験生へのメッセージ: 司法試験の試験会場では、たった一人で試験に立ち向かわなければなりません。しかし、試験当日を向かえるまでには、一緒に勉強する仲間達や支えてくれる人達の力添えが本当に大きな助けとなるものです。法科大学院は、そういった人と人とのつながりを大切にしながら法律実務家をめざすことのできる場です。道のりは決して楽なものではありませんが、受験生の皆さんがそれぞれの目標へと着実に歩みを進められるようサポートをしていきたいと思います。
後藤 睦恵
専門分野 一般民事
受験生へのメッセージ: 私は、本法科大学院に未修者として学び、卒業後初めての司法試験で合格することができました。私が合格できたのは、多くの教授や教育支援員の熱心なご指導のおかげです。司法試験に合格するためには、法律についての基礎力を強化することが必要だと思います。これからは、教育支援員として、皆さんに基礎力をつけることができるよう十分な学習の機会を提供できるように努力していくつもりです。一緒にがんばっていきましょう。
小山 征一郎
専門分野 一般民事、税法、倒産
受験生へのメッセージ: 司法試験合格のためには、「事案分析力」「法的思考力」「表現力」を備えることが必要ですが、特に重要なのは「法的思考力」です。私のゼミでは、皆さんがこの「法的思考力」を身に付けるためのサポートをしたいと思っています。また、日頃から受験生と接する中で特に痛感するのは、条文を疎かにする人があまりに多いことです。そこで、私のゼミでは、「条文はどうなっているか? 」を思考の出発点とできるように、意識しながら進めていきたいと思っています。
佐々木 保臣
専門分野 一般民事、企業法務、労働
受験生へのメッセージ: 実務に出て様々な事件に出会うたびに、基礎知識と自分の頭で考えることの重要性を実感しています。皆さんが実務家として必要な知識と思考力を身につけ、周りから信頼される法曹として活躍される一助となるべく、精一杯サポートさせていただきます。高い目標と熱意をもった皆さんのご参加をお待ちしております。
関谷 慶一郎
専門分野 一般民事、刑事弁護
受験生へのメッセージ: 法科大学院入学後は、法曹になるため、かなり厳しい勉強が要求されます。それを乗り越えるために必要とされるのは、「最後までやり抜く強い意志」と厳しいことを含めて何でも言い合える「良き友人」だと思います。名城大学法科大学院で、各人が理想とする法曹を目指してみんなで一緒に勉強しませんか。

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1