名城大学

前のページへ戻る
科目名 公共政策論
開講学科 経済学部 産業社会学科
担当教員 山田 浩貴
年度 2017
シラバスコード 1243806
単位数 2.0
準備学習・事後学習 現代経済社会の動きについて、日ごろから関心をもつように心がけること。とくに公共政策にかかわる情報について、広い視野に立って収集しておくこと。
履修上の留意 財政学、公共経済学、地方財政論、社会保障論、環境経済論、環境ビジネス論、地域政策論、地域福祉論、ジェンダー論、等の関連科目の履修が望ましい。
授業の目的と概要 住民生活を支える財やサービスは、公共部門によって供給される場合はもちろんのこと、民間資本やNGO・NPO等によって供給される場合にも、様々な経路を通じて公共政策に関わっており、その領域や比重は飛躍的に拡大してきた。他方、公共政策が社会の浪費を生んだり、住民の権利を侵害する事態も生じている。現代公共政策の実態について検討し、公共政策のための資源調達方法や費用負担のあり方、あるべき供給主体や基準について、考える。
サブタイトル 住民の基本的人権をサポートする公共政策という視角から、現代の公共政策が直面する課題を明らかにし、その改革方向について考える。
到達目標 公共政策の領域と機能について認識し、一住民として、現代社会に相応しい公共政策のあり方を構想する能力を育成する。
授業計画

1. ガイダンス

講義の概要を説明する。

2. 現代社会と公共政策

現代公共政策を分析する視角について講述する。

3. 社会のサブシステムの束と公共政策

市場を支えるシステムの束について考察する。

4. 日本社会の変化と公共政策(1)

日本の格差社会の実態について検討する。

5. 日本社会の変化と公共政策(2)

格差社会と公共政策の関係性について考察する。

6. 公共政策の国際的潮流(1)

20世紀以降の公共政策の展開について考察する。

7. 公共政策の国際的潮流(2)

新自由主義と公共政策について考察する。

8. 公共政策の日本的特質

現代日本の公共政策の特質について考察する。

9. 公共事業と公共性

地域開発政策やエネルギー政策と公共政策の危機について検討する。

10. 医療と教育政策

高齢化社会における医療と教育政策のあり方を考える。

11. 文化と地域

文化と地域の視点から公共政策の総合性について考える。

12. サステナブル・ソサエティの公共政策

公共政策の国際的潮流と改革方向を検討する。

13. グローバリゼーション時代の公共政策

世界の貧困の実態とグローバリゼーション時代の新しい公共政策のクライテリアについて検討する。

14. 日本社会の個性

現代日本社会の個性(生き方の選択の幅・そのあり方)について、国際比較の視点から検討する

15. 講義のまとめ

講義のまとめを行う。
授業形態・方法 講義
成績評価方法及び評価基準 定期試験または講義内試験(最終講義で実施する試験)または課題の提出(最終講義で提出)に平常点(授業への参加態度、講義中に実施する課題など)を加味して評価する。定期試験を実施しない場合は,追・再試験も実施されないので留意すること。いずれによるかは、履修者数等によって決定する。評価方法の詳細は、最初の講義で説明する。
受講生へメッセージ 様々な社会問題に対する幅広い関心を持って受講してください。マスコミのニュース等、要チェック。ただし、報道をうのみにしないでください。現代社会の生きた現実に関心を持つことが、講義理解の近道です。
テキスト

1. 特に指定しない。

参考文献

1. その都度指示する。

更新日付 2017-08-22 12:15:14