名城大学

  • シラバス検索
  • ミクロ経済学入門(産業社会学科1年次・経済学部2年次以上)
前のページへ戻る
科目名 ミクロ経済学入門(産業社会学科1年次・経済学部2年次以上)
開講学科 経済学部 経済学科
担当教員 伊藤 志のぶ
年度 2017
シラバスコード 1231303
単位数 2.0
準備学習・事後学習 入門レベルのテキストを読んでおいて下さい。
『基礎からわかるミクロ経済学』第2版、家森信善他、中央経済社
など。
履修上の留意 「必修科目」の一つです。授業に出席し、“問題を解く”時間には積極的に参加して、時間内に課題の理解をしていくように心がけて下さい。≪演習問題≫プリントを配布します。各自で復習の際に利用して下さい。
理論の科目は思考方法を身につけることが大切です。授業時間を利用して、“良く考えて”ください。
テキストの指定はしません。参考文献に挙げたレベルの教科書を図書館で手にとって見て下さい。自分にとって読みやすいものを見つけ、授業の内容の確認などに利用されることを勧めます。
授業の目的と概要 『経済学を学ぶ』ということは『考え方を身につける』ということを意味します。授業中に例題を解き、経済学的な考え方を身に着けてください。
サブタイトル 競争市場と意思決定
到達目標 「ミクロ経済学」で用いる用語や図表を習得し、考え方を身につける。
授業計画

1. Introduction

履修上の注意/成績評価の方法/ミクロ経済学とは何か/行動経済学

2. 第1章 需要・供給分析

合理性・非合理性/機会費用/サンクコスト
希少性/問題:ゴミの値段/問題:豪華マンション市場

3. 第1章 需要・供給分析

需要曲線・需要法則/供給曲線・供給法則/均衡点

4. 第1章 需要・供給分析

超過需要・超過供給/価格調整メカニズム
均衡の存在と安定性

5. 第1章 需要・供給分析

需要の価格弾力性/問題:豊作貧乏はなぜ起こるか

6. 第2章 需要曲線の背景にあるもの―消費者の理論―

予算制約

7. 第2章 需要曲線の背景にあるもの―消費者の理論―

無差別曲線/問題:無差別曲線はなぜ交わらないのか/限界代替率

8. 第2章 需要曲線の背景にあるもの―消費者の理論―

最適消費/所得・価格の変化と最適消費
所得効果と代替効果

9. 第2章 需要曲線の背景にあるもの―消費者の理論―

いろいろな無差別曲線/
効用関数/問題:効用関数と最適化問題

10. 第2章 需要曲線の背景にあるもの―消費者の理論―

上級財/下級財/ギッフェン財/
消費者行動と需要曲線

11. 第3章 供給曲線の背景にあるもの―生産者の理論― 

生産と費用/長期と短期の供給曲線
競争市場の条件

12. 第3章 供給曲線の背景にあるもの―生産者の理論― 

限界費用と限界費用曲線/生産量の決定/
問題:企業の利潤計算

13. 第3章 供給曲線の背景にあるもの―生産者の理論― 

生産関数/問題:生産関数と総費用曲線

14. 第3章 供給曲線の背景にあるもの―生産者の理論― 

利潤最大化行動と費用最小行動

15. 第3章 供給曲線の背景にあるもの―生産者の理論― 

費用曲線(総費用曲線/平均費用曲線/平均可変費用曲線/限界費用曲線)/損益分岐点/
企業閉鎖点
授業形態・方法 講義
成績評価方法及び評価基準 期末試験100%
受講生へメッセージ 日本の社会で自立するということは、働いて稼ぎ、そのお金の使い方を自分で考えて決める力を持つことです。ミクロ経済学は将来にわたって、様々な意思決定についてのヒントを与えてくれる科目です。ぜひ積極的に出席し、一緒に例題を解いてください。
テキスト

1. 特に使用しない

参考文献

1. 私大文系のミクロ経済学 高橋知也 中央経済社

2. ミクロ経済学 ジョセフ・スティグリッツ 東洋経済新報社

3. 基礎からわかるミクロ経済学 家森信善・小川光 中央経済社

更新日付 2017-03-31 18:43:59