教職課程・学芸員課程/教職課程教員採用試験合格者の声

平成26年度卒業生

塚本 静さん (経済学部経済学科卒業/神奈川県・高校・商業合格)

本気で教員を目指そうと思ったのは、大学に入ってからでした。学部の授業と教職の授業、さらに勉強会...と毎日が忙しく、途中で諦めかけたこともありましたが、同じ夢に向かって努力する仲間の姿に刺激され、その度に頑張ろうと思い直すことができました。私が合格できたのは、たくさんの人の支えがあったからです。支えてくれた人への感謝の気持ちを忘れず、これからも努力し続けたいと思います。(抜粋)

山口 友隆さん (理工学部数学科卒業/神奈川県・高校・数学合格)

名城大学の勉強会では学生間の横のつながりだけではなく、縦のつながりも非常に強いことを感じています。実際に現場で働いている先輩の生の声をたくさん聞くことや、後輩に受け継いできたものを継承することなど、普通の大学生活では味わえないことを体験できました。支えてくださった先生方、友人、家族にはとても感謝しています。(抜粋)

堀 公輔さん (法学部法学科卒業/岐阜県・中学校・社会科合格)

教員採用試験の勉強は覚えること、やるべきことがたくさんあり迷ってしまうこともありましたが、教職センターの先生方の心強いアドバイスのおかげで最後まで諦めることなく続けることができました。教員採用試験は狭き門と言われ簡単には合格できませんが、不可能な試験でもありません。早い段階での決断が合格へとつながると思います。(抜粋)

森 智也さん (農学部応用生物化学科卒業/名古屋市・中学校・理科合格)

教師になりたいと思っても何を勉強すればよいのか、いつから始めるべきかなど全くわからず不安に思っていました。そんな時に教職センターの先生や職員の方々、同じ目標の仲間たちに支えられました。先生方には"勉強会"を開催していただき教員採用試験に必要なことから教師となる上で大切なことまで多くのことを教えていただきました。(抜粋)

三輪 雄太さん (人間学部人間学科卒業/私立・高等学校・英語合格)

勉強会に参加し、教育者としての生き方だけではなく、ひとりの人間としての生き方にも関わる価値観を与えていただきました。教員として採用いただけたのも、自身の軸となる信念があったからだと考えています。後輩の皆さんも、何か大切にしたいと考えるものを大学生活の中で見つけてください。(抜粋)

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ