まなびレポ

交通機械工学科って??

2017/7/14

 こんにちは!名城大学理工学部交通機械工学科の松田です。
皆さんは交通機械工学科と聞いてイメージが湧きますか?私が一番言われるセリフはこれです。「信号とか作るの?」 違います!!
 交通機械工学科とは、私達が移動手段として利用する交通機関である自動車、電車、飛行機、船といったいわゆる「乗り物」と呼ばれる機械を専門的に学ぶ学科となります。微分や積分そして高校物理の知識を活かし、様々な力学を考えます。他には、エネルギーと環境面について学んだり、乗り物には欠かせないエンジンの構造や性能について学びます。
 また交通機械工学科では1年生の時から実習もあり、実際にエンジンを分解し、スケッチし、再度組み立てて、動かしたりも出来ます!他には、製図の知識を学び、条件に合った、車両や部品の設計も行います。
既に、趣味で自主的に乗り物について勉強してる子はもちろん、ほんの少しの興味を持って入学した子でも、皆が楽しめる環境だと思います!皆さんに会えることを心待ちにしてます!






この記事をシェアする