採用情報農学部 応用生物化学科(栄養・食品学研究室)

募集要件

項目内 容
1.職名及び人数 助教または准教授 1名(常勤・任期なし、定年65歳)
2.所属(学科・研究室) 応用生物化学科 栄養・食品学研究室
3.研究分野大分類小分類詳 細
農学 農芸化学 食品科学(栄養化学・食品機能・食品化学)
4.担当授業科目 当該研究室(教員2名)で担当している科目は次の通りです。
  1. 学部
    栄養科学I・II、食物文化論、食品原料学、食品利用学、食品化学総論、食品加工実習、応用生物化学実験V、ゼミナールI・II、卒業研究
  2. 大学院
    食品栄養科学特論I・II、食品科学特別演習、食品科学特別実験
    ※助教の場合は、食品科学特別実験のみ。
5.応募資格
  1. 着任時に博士の学位を有し、栄養化学もしくは食品科学の分野で優れた業績があり、それらの分野の発展に貢献できる方。
  2. 動物実験もしくは培養細胞実験の十分な経験がある方が望ましい。
  3. 私立大学の特性を理解し、学部・大学院における教育と研究指導に関する責任感と倫理観、熱意を持っている方。
  4. 協調性をもって研究室運営や学内の管理運営に関わることができる方。
  5. 科学研究費など、競争的研究資金の獲得に意欲的な方。
  6. 社会貢献及び国際化推進に積極的な方。
6.必要書類
  1. 履歴書1通(所定の様式)
    ※作成については「履歴書作成の手引き」をご参考ください。
     なお、記入欄の行数が不足する場合は、行を加えてください。
  2. 教育研究業績書1通(所定の様式。研究論文については査読の有無を記載。)
    ※作成については「教育研究業績書作成の手引き」をご参考ください。
     なお、記入欄の行数が不足する場合は、行を加えてください。
  3. 主要な論文などの別刷5編以内(コピーも可)
  4. 教育に対する抱負1通(A4用紙で1,000字以内)
  5. 研究に対する抱負1通(A4用紙で1,000字以内)
  6. 推薦書1通(A4用紙で1枚程度。自薦の場合は、本人について照会のできる方2名の氏名と連絡先を記載。)
7.選考方法 農学部教員資格審査教授会において審議選考します。
なお、選考の過程で面接を行う場合がありますが、その際の諸経費は支給できませんので、あらかじめご了承ください。
8.着任時期 令和2年4月1日
9.提出期限 令和元年10月4日(金)必着
10.応募書類送付先 〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口1-501
 名城大学 農学部 事務長 宛
※「農学部栄養・食品学研究室教員応募書類在中」と朱書きのうえ、書留郵便で送付してください。
11.連絡・問い合わせ先 〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口1-501
 名城大学農学部栄養・食品学教員選考委員会
 委員長 湊 健一郎
E-mail : minato@meijo-u.ac.jp
12.その他
  1. 研究室の状況
    教授1名(専門分野:食品機能学、食品免疫学)。
    研究内容等についてはこちらをご覧ください。
  2. 応募書類の取扱い
    応募書類は原則返却いたしませんので、ご了承ください。
    なお、個人情報は、学校法人名城大学の「個人情報の適正な取扱いに関する規程」に従い、本採用人事のみに使用し、他の目的のためには一切使用しません。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ