大変動の時代、日本の進むべき道とは。

池上彰教授・小原雅博特任教授 スペシャル講演会
第 1 部

「危機の国際政治」

〜百年に一度の大変動を読み解きながら、国際政治を展望する〜

小原雅博特任教授 講演

第 2 部

「百年に一度の大変動」

~世界はどこへ向かい、日本はどうあるべきか~

池上彰教授、小原雅博特任教授 スペシャル対談

オンライン開催

開催日時

2022年1月29日(土) 13:00~15:00
12:30よりZoomウェビナーにアクセスできます。

参加申込受付中

申込受付期間

2021年12月17日(金)〜2022年1月21日(金)

定員|
オンライン参加/1,000名

※先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます。
※オンラインはZoomウェビナーでの開催となります。

新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、
オンラインのみの開催といたします。

会場参加で申し込まれた方には大変申し訳ございませんが、
オンライン参加に移行させていただきます。

第 1 部
「危機の国際政治」

〜百年に一度の大変動を読み解きながら、国際政治を展望する〜

小原雅博特任教授 講演

世界的な健康危機、気候変動から米中パワーバランスの変化、民主主義の後退など。
世界は大きな変動期を迎えています。この複雑な時代を読み解きながら、
これからの国際政治を展望します。

第 2 部
「百年に一度の大変動」

~世界はどこへ向かい、日本はどうあるべきか~

池上彰教授、小原雅博特任教授 スペシャル対談

百年に一度の大変動。この時代を経て、世界はこれからどこへ向かうのか。
そしてその中で、日本の進むべき道とは。
池上教授、小原特任教授が、それぞれの展望を語り合います。

池上彰 名城大学教授

慶應義塾大学経済学部卒。1973年NHK入局。報道局記者を歴任し1994年から「NHK週刊こどもニュース」初代お父さん役を11年間続ける。現在はフリージャーナリスト。名城大学教授、立教大学客員教授、日本大学文理学部客員教授、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院特命教授、信州大学特任教授、愛知学院大学経済学部特任教授、元京都造形芸術大学客員教授。特定非営利活動法人「日本ニュース時事能力検定協会」理事、毎日新聞「開かれた新聞」委員会委員。

小原雅博 名城大学特任教授

東京大学文学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校修士号取得(アジア学)、立命館大学より博士号(国際関係学論文博士)を授与される。1979年外務公務員上級職試験合格、1980年外務省入省。アジア局地域政策課長や経済協力局無償資金協力課長などを経て、アジア大洋州局参事官、同審議官、在上海総領事を歴任。2015年東京大学教授を経て、2021年4月から本学特任教授、東京大学名誉教授。

開催概要
開催日時 2022年1月29日(土) 13:00~15:00 
12:30よりZoomウェビナーにアクセスできます。
参加人数(先着順) オンライン参加(Zoomウェビナー):1,000名
参加対象 どなたでもご参加いただけます
出演者 池上彰教授、小原雅博特任教授
参加申込受付中

申込受付期間

2021年12月17日(金)〜2022年1月21日(金)

定員|
オンライン参加/1,000名

※先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます。
※オンラインはZoomウェビナーでの開催となります。

新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、
オンラインのみの開催といたします。

会場参加で申し込まれた方には大変申し訳ございませんが、
オンライン参加に移行させていただきます。

学校法人名城大学は、2026年に開学100周年を迎えます。