トップページ/ニュース 【在学生入場無料】徳川美術館で春季特別展「明治150年記念 華ひらく皇室文化 ―明治宮廷を彩る技と美―」を開催

名古屋市東区の徳川美術館で、4月17日から春季特別展「明治150年記念 華ひらく皇室文化―明治宮廷を彩る技と美―」が開催されています。
平成30年は明治維新から150年にあたる記念すべき年にあたります。明治政府と皇室は、欧米諸国との融和をはかるため、美をこらした鹿鳴館において、各国の使節をもてなすとともに、日本独自の芸術品を広く海外に紹介しました。同時にこうした動きは、江戸時代から続く美術・工芸の保護育成に大きな役割を果たしました。
本展では、華やかな明治期の宮廷を彩った調度品や染織品、明治の帝室技芸員の書画・工芸品を一堂に集め、日本の美と技の粋を堪能する宮廷文化を紹介しています。

徳川美術館 春季特別展
明治150年記念 華ひらく皇室文化
―明治宮廷を彩る技と美―
開催期間 4月17日 (火) ~ 5月27日 (日)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日 

名城大学は徳川美術館の大学メンバーシップに加盟しているので、本学の学生は入館する際に学生証を提示すると、徳川美術館に何度でも無料で入館することができます。尾張徳川家の旧蔵書を中心に和漢の古典籍を所蔵する「蓬左文庫」にも入館することができます。この機会にぜひ訪れてみてください。

徳川美術館大学メンバーシップについては、以下のページを参照してください(学内各所の掲示板にポスターを掲示するほか、ナゴヤドーム前キャンパスではデジタルサイネージにお知らせを表示しています)。
美術館などの施設利用特典 徳川美術館大学メンバーシップ

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1