トップページ/ニュース 理工学研究科の濵島さんが日本陸水学会東海支部会第20回研究発表会で優秀発表賞

受賞者 濵島翼さん(理工学研究科環境創造学専攻修士課程1年、谷口義則准教授研究室)
受賞名 日本陸水学会東海支部会第20回研究発表会 優秀発表賞
受賞日
開催地
2018年2月18日
木曽郡民会館(長野県木曽福島町)
受賞
テーマ
簡易魚道における魚類およびアメリカザリガニの遡上能力の相違

ほ場(田畑)整備により悪化した水田水域環境復元のために、各地で水田魚道が設置されました。しかし、その魚道で外来種のアメリカザリガニも遡上(そじょう)する可能性が指摘されていたことから、簡易魚道を用いて魚類とアメリカザリガニの遡上能力の相違を明らかにすることを目的としました。
本研究の結果、仮定の通り、魚類の遡上を可能にする魚道では、同時にアメリカザリガニも遡上させることが示され、アメリカザリガニの生息密度が高い場所では魚道の設置に際して、慎重な検討が必要であると提言しました。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ