トップページ/ニュース メイドー・MCS・長谷川奨学金の対象者らが株式会社メイドーの工場を見学

工場を見学する学生ら 工場を見学する学生ら

メイドー・MCS・長谷川奨学金を受けた6人の学生が2月7日、愛知県みよし市にある株式会社メイドーの三好工場を見学し、ボルトの製造過程や加工方法などの最新の技術に触れました。
株式会社メイドーは自動車関連のボルト・ナットメーカー。初めに学生らはオートメーション化され、無人搬送車によるねじの運搬等が実現された工場内を見学しました。その後、株式会社メイド―、株式会社MCシステムズの代表取締役会長長谷川士郎氏(1958年法商学部商学科卒)と面会。学生を代表して戸井田雄一さん(法学部法学科1年)が「ねじの重要さを改めて感じました。ご支援いただいたおかげで、現在目標に向かって勉学に集中することができています」と話しました。長谷川氏は「社会に出ることは働くということ。学生時代にさまざまな経験をして、立派な社会人になっていただきたい」と学生らを激励しました。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ