在学生・教職員/受賞 農学研究科の酒井さんが第17 回糸状菌分子生物学コンファレンスの学生優秀ポスター発表賞

受賞者 酒井杏匠さん(農学研究科農学専攻修士課程2 年、加藤雅士教授・志水元亨助教研究室)
受賞名 第 17 回糸状菌分子生物学コンファレンス 学生優秀ポスター発表賞
受賞日
開催地
2017 年 11 月 16、17 日
東与賀文化ホール(佐賀県)
受賞テーマ Aspergillus nidulans のセクレトーム解析から見出された新規ガラクタン分解酵素

本コンファレンスでは、糸状菌(こうじ菌などの産業上重要な微生物が含まれる)を対象とした分子生物学研究の最新の成果が 100 件以上発表され、その中から優れた研究内容を発表した学生 5 人に優秀ポスター発表賞が贈られます。植物細胞壁などに含まれるラムノガラクツロナンIは、ペクチンの一種としてガラクタンやアラビナンなどを側鎖に有する多糖であり、食品素材やバイオ燃料の原料として注目されています。
本研究では、糸状菌から新規ガラクタン分解酵素を発見し、その機能について報告しました。これまでに知られているガラクタン分解酵素とは、アミノ酸配列レベルで全く相同性を有さないことから、学術的に高い評価を受けました。また、この酵素を利用することで機能性が知られているオリゴ糖の生産や、フルーツジュースの清澄化、医薬品の製造、飼料転換割合の向上など様々な産業利用が期待できます。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ