在学生・教職員/ニュース ボランティア協議会が天白警察署の一斉警戒出発式に参加

大学名の入ったジャンパーを着て出発式に参加したボランティア協議会メンバー 大学名の入ったジャンパーを着て出発式に参加したボランティア協議会メンバー
  • 青色誘導灯を手に歳末防犯パトロールをするメンバー 青色誘導灯を手に歳末防犯パトロールをするメンバー

ボランティア協議会地域安全パトロール部門は12月1日、愛知県天白警察署で行われた県内一斉警戒出発式に参加しました。愛知県では、12月1~20日までの20日間、「年末の安全なまちづくり県民運動」を実施しており、天白警察署でも年末の犯罪と交通事故の抑止を目的として一斉警戒を行っています。警察署の講堂で行われた出発式に、天白警察署員とともに参加した同会メンバーらは、緊張した面持ちで加藤申弥署長や山田茂夫天白区長の話を聞きました。
出発式の後は、自前の青色誘導灯を手に植田南学区に移動。地域のパトロール隊ら500人を超える参加者とともに歳末防犯パトロールをしました。同部門代表の北井貫太さん(法学部法学科3年)は「大学名の入ったジャンパーを着て地域の方とパトロールに出ると、気持ちが引き締まります」と話しました。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ