トップページ/ニュース 理工学部の曽布川さんがNext Communication Awards 2017で準グランプリ

受賞者 曽布川あかりさん(理工学部情報工学科3年)
受賞名 Next Communication Awards 2017 サービスアイデア部門 準グランプリ
(テーマ:ICTを活用して訪日外国人をおもてなしするWebサービス)
受賞日
開催地
2018年1月6日
アーバンネット名古屋ビル(名古屋市)
受賞
テーマ
困った!をその場で解決するwebサービス

情報工学科ではMS-26「学びのコミュニティ創出支援事業」に採択された「プログラミングコンテストを通じたITエンジニア育成プロジェクト」を実施しています。学生はこのプロジェクトを通じて習得したスキルを試すべく、学外で開催されているさまざまなプログラミングコンテストにチャレンジしています。

今回その一環として、株式会社NTTドコモなどが主催する同アプリ開発・アイデアコンテストに、本学科から約50人の学生がエントリーしました。 参加学校63校、応募作品3218件の申し込みのうち、1次・2次審査を通過した9作品がグランプリノミネート作品とされ、曽布川さんの作品はTop 3に選出されました。
同作品は、旅行中に発生する「困ったこと」を「場所」で管理し、クラウドに登録・検索することで解決します。困った時に、その場所でボタンを押すだけで、そこで過去にあった「困ったこと」の解決方法が多言語で表示され、解決方法が見つからない場合は、施設の管理者やSNSに配信され、その場でわかる人が回答する仕組みです。 曽布川さんは、審査員やTV局のカメラが居並ぶ最終審査会でプレゼンテーションを行い、アイデア力、テーマ性、実現性に加え、プレゼン能力も高く評価されました。
下記NCFのサイトに作品の概要図が掲載されています。
http://www.ncf.jp/pc/gp/detail08.html

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ