在学生・教職員/受賞 理工学部材料の川瀬さんがInternational Workshop on UV Materials and Devices 2017で若手研究者賞

受賞者 川瀬 雄太(理工学研究科 材料機能工学専攻 修士課程1年、赤﨑勇終身教授、上山智教授、竹内哲也教授、岩谷素顕准教授研究室)
受賞名 International Workshop on UV Materials and Devices 2017
Best Young Scientist Award(若手研究者賞)
受賞日
開催地
2017年11月14-17日
九州大学医学部 百年講堂(福岡市)
受賞
テーマ
Deep ultraviolet laser fabricated using a photo-pumped AlGaN-based heterostructure with a polarization-doped compositionally graded cladding layer on an AlN/sapphire template
川瀬さんがUV材料・デバイスに関する国際学会2017(International Workshop on UV Materials and Devices 2017:IWUMD-2017)で、Best Young Research Awardを受賞しました。
本講演会は、国内外の深紫外デバイスに関わる各研究機関の研究者が集結する講演会で、今年は250人以上の参加者が集まりました。深紫外領域の光は医療分野や工業分野への応用が可能であり、既存の大型レーザの置き換え、さらには新産業の創造が期待できます。本発表では、電流注入で短波長化を狙えるような組成傾斜と呼ばれる新技法を用いた深紫外レーザを作製しました。
本発表ではデバイスデザインに不可欠な構造パラメータを実験的に検証しました。結果として、新構造で発振の確認に成功し、電流注入の可能性を見いだしました。さらにシミュレーションや理論計算の詳細な解析を行い、閾値低減化・短波長化等のデバイス特性向上の目途を付けたことが高く評価され今回の受賞につながりました。現在は、電流注入紫外レーザの実現を目指し研究を行っており、さらに研究を発展させるべく尽力をしています。

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ