在学生・教職員/ニュース 理工学研究科の小島さんがInternational Workshop on UV Materials and Devices 2017で若手研究者賞

受賞者小島久範さん(理工学研究科 材料機能工学専攻 修士課程1年、赤﨑勇終身教授、上山智教授、竹内哲也教授、岩谷素顕准教授研究室)受賞名International Workshop on UV Materials and Devices 2017
Best Young Scientist Award(若手研究者賞)受賞日
開催地2017年11月14-17日
九州大学医学部 百年講堂(福岡市)受賞
テーマDeep UV-LEDs with two-step p-AlGaN graded layersInternational Workshop on UV Materials and Devices 2017(IWUMD)でBest Young Scientist Awardを受賞しました。本講演会は、国内外の深紫外デバイスに関わる各研究機関の研究者が集結する講演会で、今年は250人以上の参加者が集まりました。
近年、深紫外領域における半導体発光素子は、安心・安全な社会実現に向けた殺菌・浄水、空気清浄、皮膚治療のための新規光源として大きな期待が寄せられています。一方で、深紫外LEDでは主に注入効率と光取り出し効率が低いために発光効率が低下する問題を抱えていました。
本研究では、分極ドーピングを利用した組成傾斜p-AlGaN層を有する深紫外LEDを作製し、上記組成傾斜p-AlGaN層を発展させ、注入効率と光取り出し効率の両立を目的とした新規二段階組成傾斜p-AlGaN構造の検討を行いました。その結果、深紫外LEDの発光効率の増加を達成し、高く評価され今回の受賞につながりました。今後は、この二段階組成傾斜p-AlGaN構造を有するLEDを作製し、さらなる発光効率向上を目指し発展させていきたいと考えています。

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ