在学生・教職員/受賞 理工学研究科の秋田さんが情報学ワークショップWiNF2017で優秀ポスター発表賞

受賞者 秋田光平さん(理工学研究科情報工学専攻修士課程1年、田中敏光教授研究室)
受賞名 第15回情報学ワークショップWiNF2017 優秀ポスター発表賞
受賞日
開催地
2017年11月26日
中部大学(愛知県)
受賞
テーマ
スライドインを用いたスマートウォッチ向けの文字入力手法
画面を隠す割合が低く、初心者でも容易に使うことができる文字入力手法を開発し、ポスター発表124件中6件の受賞テーマに選ばれました。
この手法では、画面の各辺を2分割してそれぞれに50音表の行を2つずつ割り当て、“スライドイン”で行を選択します。スライドインとは、画面の外側にタッチした指をそのまま画面内に滑り入れる動作のことです。幅が2mmあれば通過を検知できるので、入力インターフェースは画面の26%しか使いません。指が画面の縁を通過すると、画面が2分割され、行の名前が1つずつ表示されます。指をどちらかに移動し、背景が緑に変わってから離せばその行が選択できます。次に選んだ行に属する平仮名5文字が大きく表示されるので、タップで1つを選びます。 このように、表示に従って指を動かすことで、誰でも簡単に文字を入力できます。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ