在学生・教職員/ニュース 理工学部が理工学教育推進フォーラムを開催

  • フォーラムの様子 フォーラムの様子
  • 熱心に耳を傾ける参加者 熱心に耳を傾ける参加者

理工学部教育改善委員会(委員長・齊藤公明数学科教授)主催による理工学教育推進フォーラム「教育をサポートする~特別支援教育~」が9月14日、天白キャンパスで開催され、教職員約40人が出席しました。
第1部では「学びあいを通してのキャリア形成~キャリア形成支援現場から見たFD~」をテーマに、大阪府立大学キャリアサポート室長の横山慶一氏が講演。同大学での事例も踏まえながら、学生のキャリア教育の視点から話がありました。
第2部は本学保健センター学生相談室の能勢有希さんが「発達障害を持つ学生の現状について」をテーマに、アンケート調査による本学の特徴などを紹介。発達障害に関する基礎的な内容や支援のポイントについてわかりやすく説明しました。
第3部では、社会基盤デザイン工学科の新井宗之准教授が、教育の質向上プロジェクトの中間報告を発表。教育学生指導支援WEBシステム(通称PASTEL)の全学対応に向け、利便性や今後の開発スケジュールなどを紹介しながら、現状報告を行いました。
各部それぞれに設けられた質疑応答では、活発な意見が出され、盛況のうちにフォーラムを終了しました。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ