在学生・教職員/受賞 理工学研究科の林さんが土木学会全国大会年次学術講演会で優秀講演者賞

受賞者 林愛実さん(理工学研究科建設システム工学専攻修士課程2年、小髙猛司教授研究室)
受賞名 土木学会平成29年度全国大会 第72回年次学術講演会 優秀講演者賞
受賞日
開催地
2017年9月11~13日
九州大学伊都キャンパス(福岡市)
受賞
テーマ
複層構造基礎地盤を有する河川堤防の浸透破壊実験における三次元効果の検討
本研究では、近年頻発している豪雨による河川増水時に、河川堤防に発生する数々の被災事象のメカニズムを模型実験によって明らかにしました。4年生の卒業研究時から積みあげてきた数多くの2次元断面の模型実験によって、透水係数が異なる複層構造を有する基礎地盤上にある堤防の危険性が特に高いことを明らかにした上で、今回の発表では3次元効果を検討するためのスケールの大きな模型実験の結果を示して、線状構造物としての河川堤防の浸透破壊メカニズムについて説明しました。実河川の洪水時に確認される噴砂、噴水の発生・発達、およびそれに続いて発生する法面崩壊のプロセスを理論的に説明し、被災が発生しやすい河川堤防の特徴を明らかにしています。
林さんは、本発表の内容を含む数多くの研究データを修士論文としてまとめて、日本の治水に役立てたいとのことです。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ