在学生・教職員/受賞 理工学研究科の松本さんが土木学会全国大会年次学術講演会で優秀講演者賞

受賞者 松本一志さん(理工学研究科社会基盤デザイン工学専攻修士課程1年、石川靖晃教授研究室)
受賞名 土木学会平成29年度全国大会 第72回年次学術講演会 優秀講演者賞
受賞日
開催地
2017年9月11~13日
九州大学伊都キャンパス(福岡市)
受賞
テーマ
PCケーブルの摩擦を考慮したPC構造物に対するFEM解析手法の提案
本大会では、3600件を超える土木工学に関する最新の成果が発表されました。その中から講演内容および発表内容が優れていた40歳以下の研究者240人に優秀講演賞が贈られました。
本研究では、PC(プレストレストコンクリート)の耐荷性能を、その施工過程も含めて合理的にシミュレートできる有限要素法(FEM)解析手法を提案し、報告しました。提案した手法が確立された場合には、従来困難であった複雑な形状を有するPC構造物の安全性照査技術が向上することが期待できます。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ