トップページ/ニュース 農学部の都築さんが日本農芸化学会中部支部で企業奨励賞

受賞者 都築 翔さん(農学部応用生物化学科 4 年、加藤雅士教授・志水元亨助教研究室)
受賞名 日本農芸化学会中部支部 第180回例会 企業奨励賞
受賞日
開催地
2017 年10月7日
名古屋大学(名古屋市)
受賞テーマ 生きた麹菌を用いた新規プロバイオティクスによる宿主の腸内代謝物及び細菌叢の変化
一般財団法人・日本農芸化学会中部支部 第180回例会で、都築さんが、優れた発表を行った若手研究者に贈られる「企業奨励賞」を受賞しました。 日本では古くから、国菌である麹菌の働きを利用して醸造した味噌、醤油、清酒などの発酵食品を活用した独自の食文化を形成してきました。これらの伝統製法の発酵食品中で麹菌が生存している場合があり、それらを食すことで我々は麹菌を生きたまま摂取していることが考えられます。これまで、摂取した乳酸菌などの細菌(善玉菌)が腸内環境を改善し、我々の健康維持・増進に寄与することが明らかになっています。今回の研究発表で、麹菌が生きて腸まで届くこと、および腸内フローラおよび代謝物に及ぼす影響について報告しました。麹菌の摂取により腸内のアミノ酸・有機酸およびビフィズス菌が増加することから、腸内環境を改善する可能性が示されました。
生きた麹菌の摂取が我々の健康維持・増進に寄与することが明らかになれば、麹菌を用いて製造した(発酵)食品の新しい魅力になるだけでなく、生きた麹菌を摂取できる新しいプロバイオティクス(発酵)食品の開発が期待されます。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ