在学生・教職員/受賞 理工学部卒業生の山田さんが土木学会全国大会年次学術講演会で優秀講演者賞

受賞者 山田聡徳さん(理工学部社会基盤デザイン工学科2017年3月卒業、葛漢彬教授研究室)
受賞名 土木学会平成29年度全国大会 第72回年次学術講演会 優秀講演者賞
受賞日
開催地
2017年9月11~13日
九州大学伊都キャンパス(福岡市)
受賞
テーマ
座屈拘束波形鋼板(BRRP)制震ダンパーの許容低サイクル疲労損傷度
本研究では、適切に波型形状を設計したBRRPが低サイクル疲労に対し有利であるのかを確認するとともに、BRRPが制震ダンパーとして機能を維持できる限界に対応する疲労寿命の評価法をManson-Coffin則に基づき提案することを目的としています。
そのために、BRRPの使用限界を定義しBRRP低サイクル疲労実験を行い、新な視点から許容疲労損傷度をBRRPの使用限界と提案しています。なお、本研究は山田さんの卒業研究の一部で、発表論文には本学総合研究所宇佐美勉研究員と理工学部葛漢彬教授が連名しています。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ