トップページ/受賞 理工学研究科の山本さんが電子情報通信学会でMVE賞

受賞者 山本拓弥さん(理工学研究科情報工学専攻修士課程2年、柳田康幸教授研究室)
受賞名 電子情報通信学会 MVE(メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会)賞
受賞日
開催地
2017年10月19日
北見工業大学(北海道北見市)
受賞
テーマ
肋骨骨折時の疑似振動提示を行う胸骨圧迫シミュレータの研究
- 圧迫部位学習手法の提案 -

この賞は、MVE研究会で発表された研究の中から内容、発表などが優秀なものに与えられ、原則として毎回の研究会発表から1件が選ばれます。山本さんは、2017年3月に九州大学大橋キャンパス行われた3月研究会で発表し、同賞の受賞となりました。
講評では「マルチーモーダル分野における運動学習に貢献する可能性が期待される研究である。胸骨圧迫(心臓マッサージ)が適切に行えていない、特に適切な位置で圧迫していても、力のかける方向が運動中にズレていくという問題に対し、本研究では,視聴覚フィードバックだけでなく触覚フィードバックを加えた胸骨圧迫学習装置を提案し、解決に取り組んだ。この装置の特徴は、肋骨を骨折させてしまう方向に力がかかった場合に、骨折させてしまった骨の位置の方向から骨折時に類似した振動と音でフィードバックすることで、圧迫部位のズレの学習を促すというものである。その効果は、提案装置の試作・検証により評価されている」と、アイデアおよび将来期待される実用性が高く評価されました。

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ