トップページ/ニュース 【M-CAP】M-CAP企画第一弾ANAグランドスタッフとの座談会

ANAエアラインプログラム講座を受講した学生から「エアラインについてもっと学びたい」と複数意見があり、初めての試みとして「現役ANAグランドスタッフとの座談会」を開催。学部問わず1~3年生の男女約50名が参加しました。

今回、特別に制服を着用していただき、空港さながらの凛と美しい身だしなみでご登壇いただいた方は、ANAエアポートサービス(株)旅客サービス部の立花 知香さん。羽田空港で勤務され2年目の立花さんから、大学時代に挑戦された1年間の中国交換留学での学びや、中国語を活かしたアルバイトやボランティア経験をお話しいただきました。
そして、就職活動の苦労話から夢を叶え第一希望のANAエアポートサービス(株)に入社後、どのような業務に携わっていらっしゃるかなど、勤務体制から1日のスケジュールまで事細かにご説明いただきました。イベント終了後のアンケートには「仕事を全うする責任感、やるべき事を確実にやり遂げる力、対応力、時間に対しての徹底的な管理の必要性に気付けた」「今回の座談会を聞き、より航空業界で働きたいと思った」「グランドスタッフに対する漠然としたイメージがより具体的になり、参加して本当に良かった」など、学生達はグランドスタッフの仕事の幅の広さ、現場で求められる能力について理解を深めることができました。

今回の座談会開催に向け、M-Lineメンバーが企画運営に取組み、当日はM-Lineメンバーの統一された身だしなみや立ち居振舞から、来場者に活躍の成果を体感していただけました。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ