在学生・教職員/ニュース 農学部の織井さんが日本農薬学会の研究会でポスター賞

受賞者 織井志帆さん(農学部生物環境科学科4年、礒井俊行教授・村野宏達准教授研究室)
受賞名 第35回農薬環境科学・第37回農薬製剤・施用法合同シンポジウム ポスター賞
受賞日
開催地
2017年10月5日
静岡コンベンションアーツセンター グランシップ(静岡市)
受賞テーマ 有機リン系農薬グリホサートの土壌吸着:鉱物と腐植物質の役割に関する基礎研究
日本農薬学会第35回農薬環境科学・第37回農薬製剤・施用法合同シンポジウムで、環境土壌学研究室の織井さんがポスター賞を受賞しました。本賞はポスター発表の中でも学生の発表した優秀なポスター発表に授与されました。
本発表では、アミノ酸系除草剤の土壌への吸着について、従来の無機鉱物や土壌有機物単体への吸着だけでなく、無機鉱物と土壌有機物の相互作用がグリホサートへの土壌吸着にどのような影響を与えるのかについて基礎的な研究を行ったもので、今後、土壌中でのこれらの除草剤の動態研究の発展につながることが期待されます。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ