トップページ/ニュース 薬学部の神野さんが日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会で優秀賞

受賞者 神野 禎実さん(薬学部薬学科6年、亀井浩行教授研究室)
受賞名 第11回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会 優秀賞(ポスター発表の部)
受賞日
開催地
2017年9月10日
北海道薬科大学手稲前田キャンパス(札幌市)
受賞テーマ 医療用麻薬服用患者への薬剤師の対応に関する現状と対策
第11回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会で、病院薬学研究室の神野さんがポスターの部で優秀賞に選ばれました。
がん性疼痛は患者にとって最も苦痛な症状の一つであり、QOL(生活の質)向上のためには痛みの緩和が必要です。しかし、現在の日本では欧米諸国に比べて、がん性疼痛に用いられる医療用麻薬の消費量が少なく、疼痛の緩和が十分でないと推測されており、本研究では日本の医療用麻薬使用の現状に関する文献調査と調査結果に基づいて作成した服薬説明DVDの有用性について検討しました。文献調査では、現在我が国では医療用麻薬の使用に関して、患者側と医療従事者側それぞれに問題点があることが判明し、医療用麻薬の服薬説明DVDを鑑賞した薬学生の多くが患者の不安に深く踏み込んで聞き、患者の不安が具体的に何なのか明らかにした上で情報提供を行うことが重要であると感じていました。本研究で作成したDVD教材は薬剤師の医療用麻薬を使用する患者への対応を身につける一助となることを示唆しました。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ