トップページ/ニュース ボランティア協議会が天白区の清掃活動に参加

  • 地域の方と協力しながらの清掃活動 地域の方と協力しながらの清掃活動
  • 当日リーダーの拜郷さん(前列中央)と清掃活動に参加したボラ協メンバー 当日リーダーの拜郷さん(前列中央)と清掃活動に参加したボラ協メンバー

ボランティア協議会は6月3日、キャンパスのある天白区のクリーンキャンペーン2017(クリーンウオーキング)に参加しました。名古屋市の環境美化活動として、この日市内各地で行われた地域行事の一つで、区内にある企業・大学や会場となった原学区の自治会など7団体約300人が清掃活動を行いました。
1年生の新会員を含む9人のメンバーは、地下鉄原駅を出発。自分たちで決めたルートのごみを拾いながら、ゴール地点の上原公園まで約40分間のウオーキングを行いました。上原公園で行われたセレモニーでは、山田茂夫天白区長のあいさつや環境宣言への署名などの後、参加団体の紹介が行われ、本学代表としてあいさつに立った拜郷孝太さん(農学部生物環境科学科3年)は「このような清掃活動を通して、これからも地域のために貢献していきたい」と語りました。

6月は学外からの参加要請が多く、ボランティア協議会では今後もさまざまな活動を予定しています。
ボランティア協議会 活動予定

  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • 名城大学バーチャルリサーチフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ