在学生・教職員/ニュース 理工学研究科修了生の鈴木さんと理工学部の鈴木温教授が日本都市計画学会2016年年間優秀論文賞

  • 表彰状を手にする鈴木さん(左)と鈴木教授 表彰状を手にする鈴木さん(左)と鈴木教授
受賞者 鈴木宏幸さん(理工学研究科建設システム工学専攻修士課程2016年3月修了)
鈴木温さん(理工学部社会基盤デザイン工学科教授)
受賞名 日本都市計画学会2016年 年間優秀論文賞
受賞日
開催地
2017年5月26日
東京大学農学部弥生講堂
受賞
テーマ
立地誘導政策評価のための生活必需品に関するアクセシビリティ評価
-愛知県瀬戸市を対象として-
鈴木さんと鈴木教授の共著である上記論文が受賞した賞は、その年の1月から12月に発表された発表会論文及び一般研究論文中から優れた内容を有するものに与えられ、2016年は、全182編の中から9 編が選ばれています。
本テーマは、生活必需品をはじめとする日常生活に必要な財・サービスへのアクセシビリティ指標を提案した上で、愛知県瀬戸市を事例に生活利便性改善に向けた立地誘導施策の比較検討を行ったものです。提案されている財・サービスへのアクセシビリティ指標は、簡便に算定できるにもかかわらず施策評価に有用な優れた手法であり、それを用いた立地誘導政策は時宜にかなった重要なテーマでもあると高い評価を受けました。
鈴木教授は2015年にも同賞を受賞しており、2年連続の受賞となりました。

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ