移行用/ニュース 農学研究科の今井さんが第26回環境化学討論会で優秀発表賞

受賞者 今井悠貴さん(農学研究科農学専攻修士課程1年、大浦健教授研究室)
受賞名 一般社団法人日本環境化学会 第26回環境化学討論会 優秀発表賞
受賞日
開催地
2017 年 6 月 9 日
静岡県コンベンションアーツセンター/グランシップ(静岡市)
受賞テーマ 大気微小粒子における塩素化多環芳香族炭化水素類の発生源解析

本研究では、名古屋市環境大気中の微小粒子(PM1.1)に含まれる新奇環境汚染物質である塩素化多環芳香族類(ClPAHs)の環境動態を調べ、越境汚染による影響よりも周辺環境の発生源の寄与が大きいことを明らかにしました。 さらにさまざまな燃焼起源マーカーを分析した結果、ClPAHsの分子種によって石油・石炭燃焼やバイオマス燃焼など発生源が多岐にわたることがわかりました。
本研究成果によって、ClPAHsの曝露リスク評価や発生源対策に貢献できることが期待されます。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ