移行用/ニュース 【在学生入場無料】徳川美術館で企画展「江戸の生きもの図鑑―みつめる科学の眼―」を開催

名古屋市東区の徳川美術館で、6月2日から企画展「江戸の生きもの図鑑―みつめる科学の眼―」を開催します。
東洋医学における薬学である「本草学(ほんぞうが く)」として古くから研究され発展を遂げてきた博物学。その研究成果である「図譜」の諸相と尾張地域の博物学について紹介する企画展です。

徳川美術館
企画展「江戸の生きもの図鑑―みつめる科学の眼―」
開催期間 6月2日 (金) ~ 7月9日 (日)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日 

名城大学は徳川美術館の大学メンバーシップに加盟しているので、本学の学生は入館する際に学生証を提示すると、徳川美術館に何度でも無料で入館することができます。尾張徳川家の旧蔵書を中心に和漢の古典籍を所蔵する「蓬左文庫」にも入館することができます。この機会にぜひ訪れてみてください。

徳川美術館大学メンバーシップについては、以下のページを参照してください(学内各所の掲示板にポスターを掲示するほか、ナゴヤドーム前キャンパスではデジタルサイネージにお知らせを表示しています)。
美術館などの施設利用特典 徳川美術館大学メンバーシップ

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ