移行用/ニュース 薬学研究科修了生の森山さんが日本結核病学会で研究奨励賞

受賞者 森山誠さん(薬学研究科薬学専攻博士課程2016年3月修了、二改俊章教授・打矢惠一准教授研究室)
受賞名 日本結核病学会 研究奨励賞
受賞日
開催地
2017年3月23日
東京国際フォーラム(東京都)
受賞
テーマ
Association between a pMAH135 plasmid and the progression of pulmonary disease caused by Mycobacterium avium
森山誠さんが在学中に発表した論文が日本結核病学会で高い評価を受け、第92回日本結核病学会総会において研究奨励賞を受賞しました。本賞は研究の奨励を目的とし、結核および非結核性抗酸菌症に関する優れた研究業績を発表した研究者に対して、選考の上、授与されます。
本論文は、近年急増しているMycobacterium avium感染による肺疾患の悪化とM. aviumが保有している新規に見出したプラスミドとの関連性を明らかにし、その存在を調べることで治療が困難である本感染症の予後予測や早期治療を行うことにより、患者予後を改善できる可能性を示した。このような基礎的な研究が臨床に役立つことが評価され、受賞に結びついたことは大変意義のあることであり、これを機に森山さんの今後ますますの活躍が期待されます。
  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ