在学生・教職員/ニュース 理工学部の鈴木さんが日本設備管理学会東海支部研究発表大会で最優秀奨励賞

受賞者 鈴木雄太さん(理工学部機械システム工学科4年、福田康明教授研究室)
受賞名 平成28年度日本設備管理学会東海支部 学生研究発表大会 最優秀奨励賞
受賞日
開催地
2017年2月24日
名城大学ナゴヤドーム前キャンパス
受賞
テーマ
設備の加工点の可視化による設備効率に関する研究
従来から工場の設備の効率化を高める活動としては、生産現場において設備の稼働状態を把握し、設備管理の側面から発生する阻害要因を排除する研究が多く行われてきました。しかし、より設備の高効率を追求するには、設備の加工点を可視化してロスを削減することが重要となります。本研究では、最初に設備の加工点を可視化し、加工ロスを削減できる設備効率向上の構造を理論的に考察しました。更に理論を検証するため、実際に某企業で使用している立型マシニングセンタを実験対象とし、設備の加工点をモータ・モニタ・センサで可視化を行い、設備の加工点に発生する振動を解析しました。その結果、設備の加工点で発生するロスを削減し、刃具寿命の延長やサイクルタイムの短縮及び加工コストの低減ができ、設備の加工点の可視化による設備効率向上の有効性を検証しました。
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ