トップページ/ニュース 薬学部が東浦町で科学実験出前授業

  • 記念写真 記念写真
  • 体験実験の様子 体験実験の様子

薬学部では3月18日、東浦町文化センター(愛知県)にて「くすりとの上手なつきあい方:高齢者を対象としたくすりの正しい飲み方・使い方」と題した科学実験出前授業を行いました。同町では2014年度からサイエンス講座と題した科学の講座を年数回開催しています。今回初めて薬をテーマとした高齢者向けの講座を開催することとなり、東浦町教育委員会の依頼を受けて、薬学部の野田幸裕教授が講師を務めました。

当日は21人の参加者に対し、薬に関する疑問や正しい使い方、副作用の防ぎ方など身近な内容について、野田教授がスライドや動画を使ってわかりやすく説明しました。また、薬学生の補助・解説を受けながら、参加者は実験を行い、薬の正しい服用方法について理解を深めました。
参加者からは「薬の服用タイミング、飲食物との関係、お薬手帳の重要性など興味深い話が聞けた」「動画や体験実験から視覚的に理解が深められ、とても楽しかった」といった声が寄せられました。
なお、本授業の模様は以下のサイトからご覧いただけます。

愛知県東海市、大府市、知多市、東浦町エリアの地域情報チャンネル
メディアスチャンネル 「くすりと上手に付き合うために」

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ