トップページ/ニュース 理工学研究科の梅山さんと岡田さんがIEEE ICCE2017で若手論文賞

  • 梅山さん 梅山さん
  • 岡田さん 岡田さん
受賞者 梅山莉奈さん(理工学研究科情報工学専攻修士課程2年、鈴木秀和准教授研究室)
岡田真実さん(理工学研究科情報工学専攻修士課程1年、鈴木秀和准教授研究室)
受賞名 IEEE CE East Japan Chapter ICCE 若手論文賞
受賞日
開催地
2017年1月10日
アメリカ・ラスベガス
受賞
テーマ
梅山さん iHAC: 拡張現実技術を利用したスマート家電コントローラー
iHAC: Smart Appliance Controller Using AR Technology
岡田さん 遠隔地に存在するBluetooth LE機器のシームレス接続手法の実装
Implementation of Seamless Connection System for Bluetooth Low Energy Devices in Remote Locations

IEEE Consumer Electronics Societyが主催する家電分野におけるフラグシップカンファレンスであり、査読審査を通過した世界中の研究者が集まる国際会議35th IEEE International Conference on Consumer Electronics(ICCE 2017)で研究成果を発表し、IEEE Consumer Electronics Society East Japan ChapterよりICCE Young Scientist Paper Awardを受賞しました。

梅山さんの研究は、宅内に設置された通信規格の異なる情報家電機器を直感的に制御するiHAC(intuitive Home Appliance Control)システムを提案しました。従来は通信規格に応じてユーザーが情報家電機器を操作するためのアプリケーションを使い分ける必要がありましたが、本研究では1つのアプリケーションで複数の通信規格に対応し、かつAR(Augmented Reality)技術を利用して直感的に機器を認識して制御することができます。

岡田さんの研究は、遠隔地に存在するBluetooth機器を外出中のユーザの身の回りに存在するかのように仮想的に認識し、遠隔で接続および制御が可能な手法を提案しました。Bluetoothは一般に10m程度の範囲内に存在する機器としか通信できませんが、本研究はBluetoothにおけるソフトウェアとハードウェアの間を流れる制御メッセージをインターネットで遠隔地へ伝送することにより、物理的制約を排除したことが高く評価されました。

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1