トップページ/ニュース 【M-CAP】ANAエアラインプログラムの様子をご紹介します。

M-CAP ~名城キャビンアテンダントプログラム~エアライン就職サポート

<ANAエアラインプログラム>の講座がちょうど半分終了しましたので、受講生たちの感想をご紹介します。将来ホスピタリティの分野で活躍したいと思っている人に向けた講座ですが、講座終了後に、受講した学生たちがどんな風に変化して人間的な魅力を増していくのかがとても楽しみです。

外国語学部 1年 K・Cさん
初回から先生は私の知りたい事を的確に教えてくださって嬉しくなりました。これからの授業が楽しみだなと感じたのを覚えています。
講座の内容は「ホスピタリティ論」です。ホスピタリティという言葉には本当にいろいろな意味があり、古くから受け継がれているものなのだと初めて知りました。昔の人たちのいろいろな気遣いのお話も聞けて、感激すると共に、なぜホスピタリティが大切なのかが理解できました。
講義だけでなく、実践的な演習もあります。立ち方や座り方、お辞儀の仕方、敬語などのきれいな言葉など、普段の生活やアルバイトにおいても、すぐに役立つ内容も多くあります。
授業は夕方の時間帯ですが、理論として理解しながら、実践できる内容を学ぶので、楽しく受講しています。身に着けたい事、気をつけたい事がたくさんあるので、自分磨きにぴったりの講座だと感じています。
外国語学部 1年 M・Mさん
初回は、これから何を学んでいくのかというオリエンテーションがあり、改めて頑張っていこうと思えました。
毎回の授業は、その言葉や所作の意味など、理論も含めて学んでいますが、将来自分がこうなりたいと思える理想の人物像がどんどん膨らんでいきます。相手のことを考えて行動できる人になりたい、きれいな言葉を自然に使える人になりたい、言葉だけでなく動作や表情も豊かにしたい・・・。
将来、国際的な職場で働くうえで知っておくべき知識も織り交ぜて講義してくださるので、留学する際にも、また、大学に訪れる留学生と接する時にも役に立ちそうです。

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ