トップページ/ニュース 理工学部の西田さんが日本人間工学会東海支部研究大会で優秀奨励賞

受賞者 西田和磨さん(理工学部機械工学科4年、福田康明教授研究室)
受賞名 2016年度日本人間工学会東海支部研究大会優秀奨励賞
受賞日
開催地
2016年10月15日
名古屋市立大学
受賞
テーマ
達成度手法における作業習熟の研究-従来手法との比較検討-
従来、作業習熟の解析には、対数線形習熟モデル、対数非線形習熟モデルおよび指数関数習熟モデル等が数多く適応されてきました。これらの習熟モデルでの解析は、習熟過程における作業時間の低減を主体とした解析法であり、ばらつきについては検討がされていません。本研究では習熟過程における作業時間の低減とバラツキの双方について、数値的に解析することができる達成度手法の評価理論を構築しました。更に作業習熟に関する作業内容が異なる二つの実験を行い、従来手法との比較検討を試みるとともに、達成度手法の有効性を検証しました。本研究で得られた成果は、生産活動における作業者の習熟特性の評価はもちろんのこと、今後の生産システム設計に有効であると期待されます。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ