トップページ/ニュース アメフト部が第10回フラッグフットボール教室を開催

アメフト部の部員と記念撮影する参加者たち アメフト部の部員と記念撮影する参加者たち

名城大学ゴールデンライオンズ(アメリカンフットボール部)が7月16日、名城大学第1グラウンドで第10回フラッグフットボール教室をナイターで開催しました。
3連休の初日にもかかわらず、69人が参加。前回参加者と初参加者が、暑さのわずかに残るグラウンドを縦横無尽に走りまわって親睦を深めました。最近のラグビーブームの影響もあるのか、ボールをキックする子どもの姿も見られました。 指導を担当した学生選手たちは、「教えることで自分自身も成長することができ、原点に立ち戻ることができます。毎回新たな発見のあるよい機会で、この取り組みがチームの成長にもつながると思います」と夏合宿から秋のシーズンに向けての意気込みも交えて感想を述べました。

アメリカンフットボール部は、今後も引き続き、経験者・初参加者問わず楽しめるよう趣向をこらしてフラッグフットボール教室を開催していく考えで、ウェブサイトなどで次回開催の告知などを行う予定です。

  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • 名城大学バーチャルリサーチフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ