トップページ/ニュース 【在学生入場無料】徳川美術館で企画展「タイムスリップ1918―大正の名古屋」を開催

  • 企画展チラシ 企画展チラシ

名古屋市東区の徳川美術館で、6月1日から企画展「タイムスリップ1918―大正の名古屋」が開催されています。
今から100年前の大正7年(1918)8月、名古屋を含む全国の都市で、米の安売りを求める大暴動(米騒動)が発生しました。のちに徳川美術館に勤める名古屋の日本画家・桜井清香は、この事件に衝撃を受け、名古屋で起きた米騒動を長大な絵巻に描きました。本展ではその全巻を公開し、100年前の名古屋の街へと見るものをいざないます。

徳川美術館 企画展
タイムスリップ1918―大正の名古屋―
開催期間 6月1日 (金) ~ 7月16日 (月・祝)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日 

名城大学は徳川美術館の大学メンバーシップに加盟しているので、本学の学生は入館する際に学生証を提示すると、徳川美術館に何度でも無料で入館することができます。尾張徳川家の旧蔵書を中心に和漢の古典籍を所蔵する「蓬左文庫」にも入館することができます。この機会にぜひ訪れてみてください。

徳川美術館大学メンバーシップについては、以下のページを参照してください(学内各所の掲示板にポスターを掲示するほか、ナゴヤドーム前キャンパスではデジタルサイネージにお知らせを表示しています)。
美術館などの施設利用特典 徳川美術館大学メンバーシップ

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1