トップページ/ニュース 修了生の加藤弘務さん、宇佐美勉元教授、修了生の森翔吾さん、葛漢彬教授らの論文に土木学会田中賞

  • 左から野呂さん、宇佐美元本学教授、山崎さん、加藤さん、森さん、葛教授 左から野呂さん、宇佐美元本学教授、山崎さん、加藤さん、森さん、葛教授

公益社団法人土木学会は、加藤弘務さん(平成27年度理工学研究科建設システム工学専攻修士課程修了生)、宇佐美勉総合研究所共同研究員・元教授(理工学部)、森翔吾さん(平成25年度理工学研究科建設システム工学専攻修士課程修了生)、葛漢彬教授(理工学部)らの連名の論文に平成27年度土木学会田中賞(論文部門)を授与しました。田中賞(論文部門)は、橋梁工学の発展に大きく貢献した論文や報告に与えられます。受賞した論文は「実物大BRRP制震ダンパー開発のための基礎的研究(構造工学論文集,Vol.61A,2015年3月)」。新日鉄住金エンジニアリング株式会社と本学との共同研究によるもので、同社の山崎伸介さんと野呂直以さんとの共同受賞です。「高機能制震ダンパー開発の先駆性」や「制震ダンパーにおけるエネルギー吸収メカニズムとして波形鋼板の大変形挙動を利用するという着想の独創性」などが高く評価され、制震ダンパーのみならず他の用途への発展性も期待できることが受賞に値するものと認められました。
加藤さんと森さんは現在、それぞれ大日本コンサルタント株式会社と株式会社竹中土木に勤務。在学中からその研究成果は多くの査読付き論文として国内外の著名学術誌に掲載されています。授賞式は6月10日、東京都千代田区のホテルメトロポリタンエドモントで開催された土木学会総会で行われました。葛教授は式後「修了生の2人が修士論文の研究により田中賞受賞の栄誉を担ったことは、建設システム工学専攻の研究レベルの高さを示すとともに、学生にとって大きな励みになるものと思われます」と加藤さんと森さんを称えました。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ