トップページ/ニュース 本学修了生伊藤真章さん、松本教授、鈴木准教授が日本都市計画学会2015年年間優秀論文賞

受賞者 伊藤真章さん(2015年度理工学研究科建設システム工学専攻修士課程修了),松本幸正教授(理工学部社会基盤デザイン工学科)、鈴木温准教授(理工学部社会基盤デザイン工学科)
受賞名 日本都市計画学会2015年年間優秀論文賞
受賞日、開催地 2016年5月20日、東京大学
受賞
テーマ
障害者のバス利用の現状把握とニーズを考慮した交通手段の検討 -愛知県日進市をケーススタディとして-
伊藤真章さん、理工学部社会基盤デザイン工学科の松本幸正教授、鈴木温准教授の共著となる上記論文が受賞した同賞は、2015年に日本都市計画学会において公表された発表会論文及び一般研究論文を対象として、優れた内容の論文に与えられるものです。本論文は、日進市に居住する障害者を対象とした調査から、移動実態とバスを利用できない要因を分析し、障害種別ごとに適した交通手段を示したものです。身体障害者にとどまらず、知的障害者・精神障害者という多様な障害種別に対しても調査を行った点と、障害種別や介助必要性等の観点から当事者にふさわしい移動支援サービスの形態を検討した点が、社会的に有用な示唆を与えると評価されたことが受賞理由となっています。
伊藤さんは現在、株式会社オリエンタルコンサルタンツ中部支店技術部に勤務。優れた研究成果を生んだ研究能力は、実務でも発揮されると期待されています。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ