トップページ/ニュース Enjoy Learning プロジェクト、5月2日(月)から申請受付開始します。

 名城大学に在学するみなさんの中には、きっと仲間と一緒に何かしてみたいと思っている人も多いはず。でも、そう思ってはいてもなかなか一歩前に踏み出せないなんてことはありませんか? そんなみなさんの希望に対して、大学が助成金を配付し、活動を支援するのが、この「Enjoy Learning プロジェクト(Eプロ)」です。
この助成金は、みなさんが在学中に、課外において、多様な経験ができるよう、学生グループによる自主的な学びの活動に対して、その活動経費の一部として助成するものです。 グループ活動を通じで学びを楽しみたいと思ったら、ぜひ仲間を募って応募してください。

Enjoy Learning プロジェクト
申請期間 5月2日(月)~5月27日(金)
17:00まで
申請書類ダウンロード
申請場所 天白キャンパス(学務センター学生活動グループ)
八事キャンパス(薬学部事務室)
可児キャンパス(都市情報学部事務室)
ナゴヤドーム前キャンパス(学生支援窓口)
問い合わせ先 学務センター 学生活動グループ(タワー75 4F)
TEL:052-838-2029

<具体事例(参考)>

  • 1)国際法模擬裁判大会への出場を通じた学びの実践
  • 2)被災地の子供たちとの「プレイルーム」活動
  • 3)都市と農山村のカフェを通じたコミュニティ形成
  • 4)宮城県気仙沼市での復興支援活動
  • 5)多言語デジタル絵本を用いた児童の学習支援
  • 6)日本とインドネシアによる学生会議の開催
  • 7)地元スイーツによる観光振興プロジェクト
  • 8)授業で学んだ技術を生かしての、ものづくりによる地域貢献
  • 9)スポーツ応援を通じての留学生とのコミュニティ形成
  • 10)特産品の栽培・販売による地域の活性化
  • 11)野外上映会・清掃活動等による地域とのコミュニティづくり
  • 12)国境を越えた介護支援
  • 13)弁当を通じた学生の食の意識の改善
  • 14)ミュージカルを通じての子供たちとのコミュニティづくり
  • 15)留学生による里山自然再生活動
  • 16)日本とベトナムとの懸け橋プロジェクト
  • 17)観光マップの作成等による地域の活性化
  • 18)ビール・ワインづくりを通した新たなコミュニティづくり
  • 19)農業・観光・学生参加による地域の活性化
  • 20)食を通じた異文化理解のネットワークづくり
  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ