学部・大学院/ニュース 人間学部が学生企画の新入生セミナーを開催

人間学部は4月16、17日、豊橋市のホテル「シーパレスリゾート」で新入生セミナーを行いました。新入生の今後の学習や生活を支える仲間づくりを目的に、学生委員会の教員と上級生有志で編成される学生スタッフが企画・立案した1泊2日のセミナーで、今年で6回目の開催です。参加者は新入生202人、学生スタッフ18人、教職員10人の計230人。新入生たちは天白キャンパス共通講義棟南101講義室で、学務委員長(学生担当)の水尾衣里教授と学生スタッフリーダーの杉山智哉さん(3年)から歓迎のあいさつやセミナーの説明を受けた後、バス7台に分乗し豊橋へ向かいました。
1日目は、心理系の神谷俊次人間学部教授によるコンセンサスゲーム、基礎ゼミ対抗ドッジボール大会の後、夕食パーティーを開催。コンセンサスゲームの個人賞および優秀チームとドッジボール大会の優勝チームへの表彰が行われ、ビンゴゲーム大会などで親睦を深めました。2日目は、学生たちが班をつくり、教育社会系の伊藤俊一人間学部教授の司会で、大学の授業の受け方(受講マナー)について班ごとに考え、発表しました。
人間学部では今後も学生スタッフが主体的に運営する学生の視点に立った教育行事を行い、学生たちの成長を支援していきます。

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ