トップページ/ニュース 理工学研究科の小林さんが日本材料学会東海支部学術講演会で優秀講演賞

受賞者 小林大純さん(理工学研究科機械システム工学専攻1年、田中啓介教授・來海博央教授研究室)
受賞名 日本材料学会東海支部 50周年記念行事・第10回学術講演会 優秀講演賞(学術分野)
受賞日
開催地
2016年3月9日
岐阜大学サテライトキャンパス
受賞
テーマ
電着法により創製したNiナノ結晶バルク材の疲労特性評価
本研究では、電着法を用いてナノレベルの2種類の結晶粒径を有する厚さ1mmのニッケルナノ結晶バルク材を創成し、微視組織の評価ならびに微視組織が疲労き裂進展特性に及ぼす影響について検討しました。その結果、結晶粒が微細化することでき裂進展抵抗が低下する一方で、同じ組織の10μm厚の薄膜材と比較するとき裂進展抵抗はほぼ同じとなることを明らかにしました。

FEATURE

  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ